一人一人のライフスタイルに合わせた不動産の選び方

人気が出てきた理由

外観

東京には事故物件が多いと言われています。事故物件はどうしてもマイナスイメージがついてしまっているため、なかなか借り手が見つからず、売却もできにくいものです。しかし、最近はそんな物件が人気となってきています。メリットもいくつかあるからです。事故物件は通常の家賃や価格では無く、相場の3割〜5割減とかなり安くなります。最近では事故物件の活用方法が多様化しているため、昔に比べると需要が増加し、手放す機会も多くなりました。事故物件は住む以外にも、オフィスとして活用したり、建物を取り壊して駐車場にしたりといった様々な活用が可能です。買い手側からすると安値で土地を購入したり賃貸することが可能となるので、考えようによってはメリットも十分にある物件なのです。

特に東京の場合、バーチャルオフィス需要が多いこともあって、事故物件は人気のサービスとなっています。事故物件を扱う不動産仲介サイトを覗いても、賃貸契約や売約が完了している物件は結構な数存在しています。東京は地名だけでも十分なブランド力があるため、事故物件であっても需要は十分にあります。特に上京資金の少ない方にとっては、事故があったことさえ我慢できれば格安物件といえるでしょう。勿論事故があったからといって、何か良からぬことが起きるという確証は一切ありません。事故というイメージだけで価値が下がっているだけなので、物件としての機能性は普通の物件と何ら変わりないのです。東京で住居やオフィス探しに迷っている方は、事故物件を選択肢の一つに加えてみても良いでしょう。